【住宅余り】「空き家投げ売り」状態!地方で今、激安中古住宅が買える訳…

 

じつは今、都心では「バブル再来」といっても過言ではないほど、

不動産価格が高騰しています。

不動産価格の動向を表す指標のひとつ、「不動産価格指数」(国土交通省)の最新データによれば、区分マンションの価格は右肩上がりで高騰し続けており、2010年を100とした場合、2022年は178。単純にこの数字をあてはめると、10年前に4000万円で買えた中古マンションが、今は7120万円ということになります。

とくに首都圏の新築マンション価格の上昇は著しく、東京23区における新築マンションの平均価格は、2016年には6629万円だったものが2022年には8449万円(不動産経済研究所、2022年調査)。一般的な収入のサラリーマンには、とても手の届かない価格にまで跳ね上がっているのです。

■都心とは一転、住宅余りが深刻化する地方



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

その一方、地方では住宅余りが深刻化しており、価格が底を打っているような地域もあります。Aさんが探している条件で見ても、500万円以下の物件はゴロゴロ。場所によっては300万円、200万円台……という代物まであります。「こんなに安いんだから、よほど酷いボロ家なのでは?」と思うと、案外そうでもありません。

例えば、群馬県北群馬郡にある戸建ては、JR上越線の駅から車で11分。築30年で土地の広さは180.02平方メートル、建物の延べ床面積は103.27平方メートルと、広々とした4LDKです。築30年ですが室内はリフォーム済み。にもかかわらず、物件価格は150万円と廉価です。

こうした現象の背景には、いわゆる「空き家問題」があります。

引用元: ・【住宅余り】「空き家投げ売り」状態!地方で今、激安中古住宅が買える訳… [BFU★]

2: ニューノーマルの名無しさん
交通の便はどうなのよ

 

21: ニューノーマルの名無しさん
>>2
田舎の暮らしは車ありき

 

6: ニューノーマルの名無しさん
駅まで車で11分て…

 

7: ニューノーマルの名無しさん
いや、30年以上経ってるやつだろ。

 

8: ニューノーマルの名無しさん
不動産業界がこんな記事を書かせても買わねーよ
ハイリスクだから

 

20: ニューノーマルの名無しさん(大阪府)
村の規律が厳しそうで嫌

 

24: ニューノーマルの名無しさん
地方に不動産を持っていても無価値
首都圏以外で不動産持つ意味はない

 

28: ニューノーマルの名無しさん
>>24
それ

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました