「国葬反対デモは高齢者ばかり」外国人記者から厳しい質問

1: パンナ・コッタ ★

日本外国特派員協会(FCCJ)で9月14日、

安倍晋三元首相の国葬に反対する3氏の会見があった。
(中略)
国葬は、9月27日に日本武道館で行われる。83の市民団体を取りまとめる高表は、19日に代々木公園で1万人規模、前日の26日には新宿で、当日は国会前でデモを予定していると表明した。

これに対し、インドネシアの記者からは自国では国家元首が亡くなった時には、反対派も含めて喪に服して尊敬の念を示すと説明。それでもデモをするのはなぜかと問うた。

高田氏は「憲法の精神では、多くの市民が自由に自分の意思を表明することを妨げることは間違い。立憲主義の象徴である国会前で意思表示することが大事です。人の死を悼むことと、安倍さんの政治的な業績を評価すること、自分たちの意思を表明することはそれぞれ別のことだと思っています」と応じた。

またデモについては他にも



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

「高齢者が多く若者が少ないのはなぜか」「それでも安倍政権が選挙で選ばれてきたのではないか」などの指摘があった。

高田氏はこう応じた。

「私たち世代は過去の経験から政治が変わると信じているが、今の若い人たちは変わらないことを見てきた。変わることを恐れている。もっと若者と接触して話し合うべき。努力が足りなかった、これは私たちの責任です」

引用元: ・「国葬反対デモは高齢者ばかり」外国人記者から厳しい質問 [パンナ・コッタ★]

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました