千秋 久々の米ラスベガス旅行で痛感「あんなに経済的に強かった日本はもういない」「世界での立ち位置変わってた」

ニュース

 

タレント、千秋(50)が14日、インスタグラムを更新

。現在米ラスベガス旅行を満喫中だが、インフレや円安について「遠く離れた日本の現状をダイレクトに感じて、少しつらい」とこぼした。

千秋は11日の投稿で「超久しぶりの海外 この日をずっと待ってた」と上空から見る空や地上の写真を掲載。「冒頭から円安の洗礼 いつも買うスタバの瓶が1100円、ピザとコーラで4500円」と価格に驚きつつ、ハッシュタグ「#千秋旅日記 始まるよー」と報告した。

翌日の投稿では「今アメリカは、



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

脱コロナと急激なインフレで、今の日本には信じられないくらいのイケイケ」と明かし、「今の日本と何もかも違うの、何もかもが」と明るい夜の街並みを紹介。45℃の猛暑の中プールを堪能し満喫する姿も見せた。

しかし14日の投稿では「コロナ前は、仕事も兼ねて年に一回くらい行っていたラスベガス ベガスは今日も世界で1番派手でゴージャスです」と切り出し、「アメリカは今、超インフレで、新しいホテルやレストランのオープンラッシュ、コロナも明けて、何かを取り戻そうとするような勢いに圧倒されると同時に、遠く離れた日本の現状をダイレクトに感じて、少しつらい」と本音を漏らした。

「物価の上昇は日本の比ではなく、2倍3倍とかも普通にあって、家賃が5倍になって住めなくなったから他の州に引っ越し、とかの例も」と打ち明け、「そんなインフレと円安で、物の価格が笑っちゃうほど高く、ああ、あんなに経済的に強かった日本はもういないんだなあ、弱くなっちゃったのかなあ、日本にいる間はそんなことも気付かなかったなあ…と不安になりました」と吐露。

続けて「いつのまにか、日本の、世界での立ち位置が変わっていました。そんなことを感じられたのも日本を離れたから。その日本で自分は何をしようか 旅の意義は無限にある」と決意を新たにし結んだ。

 

引用元: ・千秋 久々の米ラスベガス旅行で痛感「あんなに経済的に強かった日本はもういない」「世界での立ち位置変わってた」 [muffin★]

26: 名無しさん@恐縮です
>>1
アメリカの良さが何一つ伝わってこない

 

6: 名無しさん@恐縮です
語るね 世界経済を
エコノミストばりに

 

23: 名無しさん@恐縮です
>>12
バブル世代って何歳になっても中学生くらいの精神年齢の奴多いよな

 

24: 名無しさん@恐縮です
インフレで喜んでる???

 

27: 名無しさん@恐縮です
ハワイの日本語も激減してるとか聞いたわ
ワイは本州から出たことないから知らんけど😭

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました