森喜朗・組織委会長が「講談社は絶対認めない」 KADOKAWAのライバル社を排除

 

東京五輪・パラリンピックの大会スポンサー契約を巡り

、出版大手「KADOKAWA」の元専務らが贈賄の疑いで逮捕された問題。組織委員会の会長だった森喜朗氏(85)が、KADOKAWAの競合相手だった講談社について「絶対認めない」などと発言していたことが、「 週刊文春 」の取材でわかった。取材に応じた音声データが残っていた。

東京地検特捜部は9月6日、KADOKAWA元専務の芳原世幸容疑者(64)と担当室長だった馬庭教二容疑者(63)を贈賄の疑いで逮捕。また、組織委員会元理事で「コモンズ」代表の高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で再逮捕し、高橋容疑者の知人で「コモンズ2」代表の深見和政容疑者(73)も共犯として逮捕した。

「高橋容疑者は、電通時代の後輩でもある深見容疑者を通じ、大会スポンサーを目指すKADOKAWAの意向を把握します。そこで、マーケティング専任代理店の電通に、新たな出版部門のスポンサー枠を提案しました。出版大手2社が候補に上がりましたが、1社が辞退。最終的にKADOKAWAが2019年4月、オフィシャルサポーター契約を組織委側と結びました。同社はその直後、『コモンズ2』と契約し、コンサル料7600万円を支払った。この送金が高橋容疑者への賄賂と認定されました。高橋容疑者は容疑を否認しています」(社会部デスク)

辞退した出版大手は、講談社だった。



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

「1964年の東京五輪では野間省伸社長の祖父・省一氏(当時の社長)が業界団体のトップとしてポスター集作成や組織委などへの寄付も行っていたこともあり、今回の東京五輪でも早くからスポンサー契約を検討していました」(講談社関係者)

■「講談社を認めるなら辞める」発言に一同驚き
なぜ、講談社は辞退することになったのか。

当時、組織委員会会長だった森氏が取材に応じたのは、2020年初春のこと。森氏は「講談社だけは絶対、私は相容れないんですよ」とし、講談社への不満をひとしきり述べたうえで、以下のように語っていた(音声は 「週刊文春」 電子版 ↑で公開)。

「私がこの間、組織委員会になってから、ある会社が契約のアレをしたいと言うので、何をやるのかと思ったら、相手が講談社だった。私は『絶対認めない』と言った。何かって、『俺はこんなものを認めるなら辞めようと思う』と言ったら、みんなビックリして」

その結果、どうなったか。森氏はこう続けた。



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

「講談社をやめて、別の出版社を連れてきたけどね」

最終的に講談社は辞退し、2019年4月、KADOKAWAが出版社枠の大会スポンサーに選定された。

元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、次のように指摘する。

「森氏に金銭が渡っていなくても、高橋容疑者がKADOKAWAから賄賂を受け取っていることを分かった上で、講談社にスポンサー契約を辞退するよう迫っていた場合、収賄の共犯になる可能性があります。恣意的な思惑で辞退を強く迫った場合は、業務妨害罪に抵触しかねません。いずれにしても、みなし公務員である組織委会長には、極めて高い公平性、公益性が求められます」

講談社広報室は以下のように回答した。



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

「オフィシャルサポーター契約を社内で検討したことはありますが、ビジネス上の理由から見送りました」

KADOKAWA広報部は以下のように回答した。

「捜査中につきコメントを控えます」

■森氏の意向がスポンサー契約にどのような影響を与えたのか
森氏に「講談社は認めない」発言などについて事実確認を求めたところ、弁護士名で以下のように回答した。

「高橋氏らが逮捕されて刑事事件となっており、捜査に支障を来すといけないので、回答は控えます」

森氏を巡っては開会式問題でも、演出責任者らが反対していたにもかかわらず、歌舞伎役者の市川海老蔵の出演を“口利き”し、実際に実際に本番では海老蔵が登場した。出版社枠のスポンサー契約では、森氏の意向がどのような影響を与えたのか。本当にKADOKAWA側から高橋容疑者への賄賂だけが問題なのか。みなし公務員でもある組織委会長の権力は極めて大きい。特捜部による更なる実態解明が待たれる。

9月7日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および9月8日(木)発売の「週刊文春」では、講談社が嫌いな理由など森氏が語った音声の詳細のほか、森氏とKADOKAWAの角川歴彦会長との関係、AOKI前会長の青木拡憲容疑者が森氏に現金200万円を渡していたとする問題などについても詳報している。また、「週刊文春 電子版」では、森氏の音声を公開している。

引用元: ・森喜朗・組織委会長が「講談社は絶対認めない」 KADOKAWAのライバル社を排除 [征夷大将軍★]

2: 名無しさん@恐縮です
たいほ?

 

3: 名無しさん@恐縮です
さっさと逮捕しろ

 

6: 名無しさん@恐縮です
はやく逮捕しろ

 

8: 名無しさん@恐縮です
「マガジンは読むな、少年エースを読め」と言われたら泣くかも

 

20: 名無しさん@恐縮です
はよ逮捕しろ
仕事しろ

 

22: 名無しさん@恐縮です
森元逮捕へカウントダウンか


プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 
23: 名無しさん@恐縮です
こりゃ逮捕ですわ

 

27: 名無しさん@恐縮です
小渕の後からずっとこれだろうな

 

29: 名無しさん@恐縮です
次は誰が逮捕されるか面白くなってきた

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました