【新潮】「小室眞子さん」に少しずつ生じつつあるという「圭さん」への不信感

 

思い描いていた生活と現実との違い

小室圭さん(30)が米ニューヨーク州弁護士資格試験を受験してからおよそ1か月が経過した。眞子さん(30)と共に吉報を待つ身だが、そんな夫妻にすきま風が吹き始めたのでは、という指摘が聞こえてきた。

「眞子さんは圭さんのことを信じて交際を貫き、結婚し、ニューヨークへ渡っておよそ1年が経過しました。今もその気持ちに変わりはなく、関係がギクシャクしているということではないのですが、どうも2人の間にこれまでとは違う空気が流れているようなのです」

と、担当記者。

「ひとことで表現するのは難しいですが、思い描いていた生活と現実との違いに眞子さんが戸惑い始めているとでも言いましょうか。ここまでの流れをざっと振り返っておくと、圭さんがニューヨークに留学した後にコロナ禍があって、2人は“会いたいのに会えない”時期が続きました。ようやく会えたのは結婚直前というのは、皇族の結婚でなくても異例のものだったと思います」(同)

 2人の結婚をめぐっては、



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

国民が祝福する環境にあるとは言えないと秋篠宮さまが言及したように反対の声が大きかった。

困ったこと
「ただ、佳子さまが眞子さんの交際・結婚のサポーターになっていたこともあって、“世間には2人の結婚に反対する声は大きいかもしれないが、それは実状を知らない人たちの偏った見方だ”という信念を眞子さんは曲げることはなかったといいます」(同)

皇族でいることの息苦しさや一挙手一投足が注目され続ける日々に半ば疲れていた眞子さんは、できるだけ早く日本を離れ自由を謳歌したいと願っていたという。

「ニューヨークは憧れの場所で、夢の1つが叶ったと喜んでいたのですが、困ったこともありました」(同)

圭さんの司法試験だ。
「結婚前に圭さんが宮内庁側に説明したのは、“試験には合格確実だ”ということでした。同様に秋篠宮さまや眞子さんにもそのことが伝えられており、合格して生活の基盤が安定するはずでしたが……」(同)

それが1度ならず2度までも裏切られることになったのは周知の通りだ。

「眞子さんとしては平穏な日々を望んでいたのに、不合格が続くことによって、報じられる機会も増えて行きました。合格間違いなしと聞いていたはずなのに、それが果たされていない現状に不信感とは言わないまでも疑問符のようなものがつきまとっているのは事実のようです」(同)

引用元: ・【新潮】「小室眞子さん」に少しずつ生じつつあるという「圭さん」への不信感 [愛の戦士★]

2: 名無しさん@恐縮です
計算が狂った
ってか

 

3: 名無しさん@恐縮です
>>2
ひらがなで

 

6: 名無しさん@恐縮です
こんな憶測記事よく書けるな。

 

7: 名無しさん@恐縮です
そもそもK.Kさんは本当に弁護士やりたいんかね?

 

20: 名無しさん@恐縮です
>>7
全部眞子さんから言われて動いてるもんなぁ

 

8: 名無しさん@恐縮です
ようやく夢から覚めたか

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました