KADOKAWA・夏野剛社長「スポンサー契約後の業務に対する報酬だった」 コンサルタント料7000万円

1: パンナ・コッタ ★

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る贈収賄事件で、

大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」から組織委員会の元理事の知人が経営する会社に7000万円が支払われていたことがわかった。

組織委員会の元理事高橋治之容疑者(78)は、AOKI側から合わせて5100万円を受け取った受託収賄の疑いが持たれている。

その後の関係者への取材で、大会スポンサーだった「KADOKAWA」から高橋容疑者の知人が経営する会社にコンサルタント料名目としてあわせて7000万円が支払われていたことがわかった。支払いは2019年4月のスポンサー契約後から始まったという。

KADOKAWAの夏野剛社長は、ANNの取材に対し、「スポンサー契約後の業務に対する報酬だった」としている。東京地検特捜部は、KADOKAWAの幹部らから任意で事情を聞いていて、資金提供の趣旨などを調べているとみられる。(ANNニュース)

引用元: ・KADOKAWA・夏野剛社長「スポンサー契約後の業務に対する報酬だった」 コンサルタント料7000万円 [パンナ・コッタ★]

26: ニューノーマルの名無しさん
>>1
あ、こいつもか

 

27: ニューノーマルの名無しさん
>>1
業務委託の報酬かぁ
税務署でも1番で目を付けられるやつだねぇ
特捜も実体を正確に調べて欲しいね

 

7: ニューノーマルの名無しさん
終わったな電通

 

8: ニューノーマルの名無しさん
これだけの利権
あんなに騒いでも中止にならん訳や

 

25: ニューノーマルの名無しさん
なにが問題なのかさっぱりわからんな
ただの成功報酬だし

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました