【神奈川】フェンスにつながれたタカ、職員がトンビと勘違いして逃がす…横須賀市が飼い主に賠償

 

 神奈川県横須賀市は1日、市職員が市内の

公園のフェンスにつながれていたペットのタカ(ハリスホーク)を野生のトンビと勘違いして逃がし、慰謝料などとして約30万円を支払ったことを明らかにした。市議会都市整備常任委員会で報告した。

市によると、2020年9月29日、女性から「フェンスにトンビかタカと思われる鳥がいる。子どもに危険が及ばないか心配」と通報があった。男性職員2人が現場に行き、足の革ひもをはさみで切って逃がしたが、鳥は近くの男性のタカで、鳥舎の塗装の間、フェンスにつないでいた。

続きは↓
読売新聞オンライン: フェンスにつながれたタカ、職員がトンビと勘違いして逃がす…横須賀市が飼い主に賠償.

引用元: ・【神奈川】フェンスにつながれたタカ、職員がトンビと勘違いして逃がす…横須賀市が飼い主に賠償 [ぐれ★]

2: ニューノーマルの名無しさん
私物でしタカ

 

3: ニューノーマルの名無しさん
鷹って戻ってこないの?

 

6: ニューノーマルの名無しさん
名前付けとけよ

 

8: ニューノーマルの名無しさん
鷹は高い

 

20: ニューノーマルの名無しさん
そりゃ公園に居たらタカでもトンビでも怖いけどさ
勝手に逃がすなよ

 

23: ニューノーマルの名無しさん
>>11
捕獲ならわかるけど勝手に逃がすなよ

 

26: ニューノーマルの名無しさん
タカとワシの区別も出来ないのに
トンビと見分けられる訳ないしな
フェンスに繋いでた男性が悪い

 

29: ニューノーマルの名無しさん
飼い主のとこ戻ってくると思うが、調教してないのか?

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました