「ホウレンソウ一束830円」韓国を襲う「尋常でない物価高」

1: 新種のホケモン ★

電気、ガス、水道といった「生活インフラ」の価格上昇に加え、

野菜など物の価格も上昇。家計の圧迫が著しい状況ですが、お隣の韓国も「値上げ地獄」に苦しんでいます。

特に野菜の価格が高騰しており、中には前年比で2倍もの価格になったものもあります。

◆ホウレンソウが豚肉より高価になった!

2022年8月25日に、『韓国農水産食品流通公社』が発表した「農産物流通情報」では、キュウリが1本1,560ウォン(約180円)で、前年より約7割高騰。白菜も1個6,595ウォン(約680円)で、前年比45.2%も上昇しています。

他にもダイコンやレタスなど多くの野菜が高騰しています。



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

中でも高くなっているのがホウレンソウで、『中央日報』によると、08月25日時点の「農産物流通情報」では、1kg当たり3万2,002ウォン(約3,300円)。

同日の国産豚肉(三枚肉)1kgの取引価格は2万6,160ウォン(約2,700円)だったため、国産豚肉よりも高額です。

その後もホウレンソウの価格は上昇を続け、30日には1kg3万3,369ウォン(約3,400円)。

市場によっては1年前より2倍の価格の1束8,000ウォン(約830円)で売られています

ホウレンソウが一束830円は、いくらなんでも高すぎるでしょう。

天候不順と秋夕のために価格が高騰した
野菜の価格高騰の理由は雨と猛暑。

韓国ではこの夏大雨が続いたことで農家が打撃を受け、さらに極端に気温が上昇したことで、ほうれん草など葉物野菜(気温の変化に弱いため)が不作に陥りました。

加えて、韓国では09月の中秋節に野菜を使った料理を多く作るため、需要と供給のバランスが崩れ、価格が急上昇してしまったとのこと。

気降が落ち着くに連れて野菜の出荷量も増え、価格も落ち着くと見られています。

とはいえ、そもそも韓国は野菜だけでなく、エネルギー価格の上昇も問題となっており、今年07月の物価上昇率は昨年比で6.3%。

政府の政策がインフレ対策に効果を見せていないため、尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領の支持率は物価と反比例するように落ち続けています。

野菜価格の安定と共に、韓国の物価上昇も落ち着くのか注目です。

 

引用元: ・「ホウレンソウ一束830円」韓国を襲う「尋常でない物価高」 [9/1] [新種のホケモン★]

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
遂に始まったか

 

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
ポパイもびっくりだな

 

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
天候のせいみたいに書いてあるけどチュソクに便乗してぼったくり値上げしてるのが原因じゃないのかw

 

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
単なる便乗値上げは相当ありそうだねww

 

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
大丈夫
最低賃金は日本に勝ったからまだ上を目指そう

 

28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
家庭菜園やベランダ菜園の方が安上がりそう
でも速攻盗まれるんだろうな

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました