【大阪】『行方不明の夫』バルボサ・ロブソン容疑者(33)を指名手配 ブラジルに向けて出国 29歳母親と3歳女児殺害事件 堺市

 

 大阪府堺市で母親と3歳の娘が殺害された事件で

、事件後から行方不明になっているブラジル国籍の夫(33)について、犯行にかかわった疑いが強まったとして警察が殺人容疑で指名手配を行いました。

殺人容疑で指名手配されたのは、住居・職業不詳でブラジル国籍のバルボサ・アンデルソン・ロブソン(BARBOSA ANDERSON ROBSON)容疑者(33)です。

警察によりますと、バルボサ容疑者は8月20日午後4時ごろ~21日午前10時32分ごろまでの間に、同居していた妻の荒牧愛美さん(29)と娘のリリィちゃん(3)に対して刃物様の凶器で胸などを複数回にわたり突き刺して殺害した疑いがもたれています。

この事件は8月24日、堺市東区のマンションの一室で荒牧リリィちゃん(3)と母親の愛美さん(29)が殺害されているのが見つかったものです。司法解剖の結果、2人は心臓などを刺されて即死だったとみられ、部屋からは血の付いた包丁が見つかっています。

引用元: ・【大阪】『行方不明の夫』バルボサ・ロブソン容疑者(33)を指名手配 ブラジルに向けて出国 29歳母親と3歳女児殺害事件 堺市 [ぐれ★]

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました