「そういえば、果物を買わなくなった」消費者の声から探る“果物離れ”する事情

 

 日本人が果物を食べなくなっている──

1人1日当たりの果物摂取量は、2009年に115gだったのが、それから10年後の2019年には100gと1割以上減少している(厚生労働省「国民健康・栄養調査」より)。世代別で見ると50代の減少幅が大きく、全世代で果物摂取量が減っていることがわかる。20~40代の果実摂取量は50g台で、厚生労働省と農林水産省の「食事バランスガイド」が掲げる「1日200g以上の果実の摂取」に遠く及ばない。

果物を毎日食べなくなった要因としては、価格や買い置きできないこと、手間のほか、食べる食品が他にあることなどが挙げられている(中央果実協会「果物の消費に関するアンケート調査」令和3年度)。はたして、“果物離れ”の実態はどうなっているのか。果物を買わなくなった、食べなくなった人たちに話を聞いた。

一人暮らしを始めてから食べなくなった



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

印刷会社に勤務する30代男性・Aさんは、果物はどちらかと言えば「好き」だというが、現在はほとんど食べる機会がないという。

「一人暮らしになってから、果物は食べなくなりましたね。たまにバナナを食べるくらいです。1個でも1パックでも、一人で食べるには量が多くて消費し切れないと思うと、買う選択肢がありません。例えば、りんごだと1、2切れくらいで十分なんです。何日かに分けて食べようとするとどうしても残ったものが傷むので、そこまで積極的に買おうと思わない。果物の種類にもよりますが、皮剥きや、皮や芯、種の処理なんかが面倒というのもあります」(Aさん)

そんなAさんは、実家にいた時には毎日のように果物を食べていた。

「70代の親は果物が大好きで、家に果物がない時はありません。今でも、『体に良いから、なるべく旬の果物を食べるんだよ』と口酸っぱく言われます。そういう家なので、りんご、みかん、梨、ぶどうなど、季節ごとに何かしら食べていましたね。今年も、お盆に帰省したら桃と梨を出してもらいました。たまに食べると美味しいと感じるのですが、だからといって一人では食べないです」(Aさん)

引用元: ・「そういえば、果物を買わなくなった」消費者の声から探る“果物離れ”する事情 [ぐれ★]

3: ニューノーマルの名無しさん
高いしやたら甘くしたので健康にも良くないから

 

20: ニューノーマルの名無しさん
>>3
日本の食材が甘けりゃうまいって風潮どうにかしてほしい

 

6: ニューノーマルの名無しさん
まあ高いしな

 

7: ニューノーマルの名無しさん
果物は皮が生ゴミになって面倒

 

8: ニューノーマルの名無しさん
寧ろ歳や結婚によって健康に気を使うようになって食べる

 

10: ニューノーマルの名無しさん
新橋駅前で長野県産の桃が一個100円で投げ売りされてんのに高いとかないわ

 

21: ニューノーマルの名無しさん
高い 剥くのがめんどくさい

 

22: ニューノーマルの名無しさん
バナナは常備

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました