【ミサイル・ギャップ】長射程ミサイル、「反撃能力」1000発以上の保有検討…中国との数の格差埋める狙い

 

 政府が導入を決めている長射程巡航ミサイルについて

、1000発以上の保有を検討していることがわかった。台湾有事も念頭に、南西諸島から九州を中心に配備し、弾道ミサイルを多数配備する中国との「ミサイル・ギャップ」を埋める狙いがある。

複数の政府関係者が明らかにした。政府は国産で、陸上自衛隊に配備されている「12式地対艦誘導弾」の射程を現在の百数十キロ・メートルから北朝鮮や中国沿岸部に届く1000キロ・メートル程度に延伸し、艦艇や戦闘機からも発射できるよう改良を進めている。地上発射の改良型は当初の予定を約2年早めて2024年度にも配備する方針だ。地上を標的とする対地攻撃への応用も進める。

政府は年末に改定する国家安全保障戦略などで、自衛目的で敵のミサイル発射基地などを攻撃する「反撃能力」の保有を打ち出す見通しだ。改良型ミサイルは「反撃能力」の中核となる。早期に1000発以上保有するには、ミサイル開発に携わる企業の生産ラインを増やす必要がある。防衛省は関係企業の設備投資を支援する制度を創設する方針で、23年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む方向だ。

政府が長射程ミサイルの大量保有を目指すのは、日米と中国のミサイル攻撃能力の差が開きすぎているためだ。

続きは↓
読売新聞オンライン: 【独自】長射程ミサイル、「反撃能力」1000発以上の保有検討…中国との数の格差埋める狙い.

引用元: ・【ミサイル・ギャップ】長射程ミサイル、「反撃能力」1000発以上の保有検討…中国との数の格差埋める狙い [ぐれ★]

2: ニューノーマルの名無しさん
保管する場所が無いな

 

7: ニューノーマルの名無しさん
>>2
無いな、そもそも通常弾頭なら大した抑止力にもならないし。

 

3: ニューノーマルの名無しさん
沖縄の県民税で買えよ

 

6: ニューノーマルの名無しさん
そりゃそうなるわな。日本は今まで抑え込んできたからいくらでも強化可能だわ。

 

8: ニューノーマルの名無しさん
いや、ケタが足りないよ
省益しか考えぬ売国財務官僚め

 

9: ニューノーマルの名無しさん
最低でも4000発は常備
それでも中国やロシア相手だと
全然足りないんだけどね。
北朝鮮だけならいけるか。

 

10: ニューノーマルの名無しさん
さっさと買え

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました