【中央日報】尹大統領の初めての光復節祝辞キーワードは「自由・統合」…韓日関係は「未来志向的な協力」言及か

1: 昆虫図鑑 ★

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は

8月15日光復節(解放記念日)の祝辞で「自由」「統合」「公正」などのキーワードで国政運営の核心価値を強調して指向するところを提示する見通しだ。

14日、大統領室関係者は韓国メディア「ニュース1」に「尹大統領は過去よりは未来指向的なメッセージを出すという考えを確固として持っている」とし「韓日関係や民生経済、野党との協力政治の部分に関しても祝辞の中に含めるだろう」と述べた。

尹大統領は祝辞を自ら作成している。この関係者は「尹大統領が参謀と深く議論をしてメッセージの大きな骨格(を整えること)は終えた状況」としながら「細部的な部分を修正する過程で内容が多少変更されるかもしれないが、自由と未来指向という大きな“幹”は変わらないだろう」と述べた。

自由は尹大統領が就任辞から強調してきた国政運営の核心的哲学だ。尹大統領は就任辞の中で「自由民主主義」や「自由市民」など「自由」に合計35回言及した。今回の光復節の祝辞でも自由を強調して国政哲学を再確認する予定だ。

国家のために献身した愛国志士を十分に優遇するという意向も表わす見通しだ。



プロパンガス料金を比較し、最適なガス会社を選ぼう!【エネピ】
車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん  
 

大統領室関係者は「尹大統領は政治に入門してから大統領選挙を戦い大統領になるまで、いつも国のために犠牲になった方々を国が優遇するべきだという考えを何度も強調していた」とし「このようなメッセージを祝辞でも強調するだろう」と話した。

韓日関係については未来志向的な協力意志を表明して、両国間の努力の重要性を訴えるメッセージを出すものとみられる。

先立って尹大統領は韓日関係に対して「歴史問題に対して両国の進展がなければ、懸案と未来の問題に対しても議論できないという考え方はやめなければならない」とし「歴史問題と両国の未来問題をすべて同じテーブルにのせて一緒に解いていかなければならない」と強調してきた。

尹大統領はその他にも北朝鮮政策、民生経済の回復、今後国政運営方向などを祝辞に一部含めて述べる見通しだ。

第77周年光復節記念式は15日午前、龍山(ヨンサン)大統領室前の芝生広場で行われる。

引用元: ・【中央日報】尹大統領の初めての光復節祝辞キーワードは「自由・統合」…韓日関係は「未来志向的な協力」言及か [8/15] [昆虫図鑑★]

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました