【熱湯コマーシャル】 メンバーが激怒も、上島さんは涙…『24時間テレビ』小島よしお放送事故の後日談

 

 5月11日に亡くなった、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん

の夏の活躍の記憶として思い出されるのが、2007年8月の『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)内で、小島よしおが起こした放送事故だろう。

この年は、滝沢秀明と今井翼のタッキー&翼がメインパーソナリティーを務めた。深夜帯の企画で『スーパーJOCKEY』の名物コーナー「熱湯コマーシャル」が復活した。ダチョウ倶楽部の仕切りで番組が進むが、上島さんが当時流行っていた小島のギャグ「そんなの関係ねぇ」を披露。そのまま、ひな壇から小島が飛び出し、音楽が流れると小島が熱湯風呂に飛び込む。
周囲から「熱湯!」と声をかけられ、慌てて飛び出すが、時既に遅し。コーナー司会の爆笑問題の太田光からは「熱いっていう前提が崩れちゃった」とツッコまれる。実はこの後、滝沢と今井が熱湯に突っ込む流れがあったため、お湯の温度が調整されていたのかもしれない。

​>>有吉、インスタ投稿が炎上? 上島竜兵さん巡り心無い声続く「言いがかりにもほどがある」同情の声も<<​​​

この放送事故は話題となり、放送後の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)内で、岡村隆史は「(寺門ジモンの顔が)若干キレてた」と振り返る。また小島本人にも会い、「あの時の記憶がありません」と伝えられたという。

さらに、ケンドーコバヤシも2022年3月30日深夜放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、これまで目撃したお笑いの修羅場として、「こんな怖い顔見たことないっていうリーダー(肥後克広)が、ひしゃくで思いっきり(小島の)頭をパカーンって(叩いた)」と話している。

山場を壊されたわけだから、寺門や肥後の怒りは当然だろう。ただ、上島さんは自分がきっかけを作ってしまったこともあり、小島を心配していたと伝えられる。事故直後の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で、ダチョウと小島が共演した時には、上島さんは涙を浮かべる場面が話題となった。上島さんの繊細で優しい人柄がしのばれるエピソードだと言えそうだ。

引用元: ・【熱湯コマーシャル】 メンバーが激怒も、上島さんは涙…『24時間テレビ』小島よしお放送事故の後日談 [朝一から閉店までφ★]

9: 名無しさん@恐縮です
今年は客入れてやるみたいだな

 

20: 名無しさん@恐縮です
何がどうだったのか何にもわからない

 

25: 名無しさん@恐縮です
懐かしい

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました